Site Overlay

秀吉の愛した”ひょうたん”

秀吉公の馬印”千成瓢箪”

秀吉公の馬印で有名な千成瓢箪(せんなりひょうたん)ですが、最初は一つの瓢箪でした。戦で手柄を立てるたびに増やし、今のみなさんがご存知の形の千成瓢箪になったと言われています。

瓢箪は、「三つで三拍(三瓢)子揃って縁起が良い、六つで無病(六瓢)息災」と言われたり、神が宿る縁起物、邪を払う力を持つなど、縁起の良いものとして古来より愛されてきました。

秀吉公の愛した瓢箪が多く奉納されており、ご自由にご覧いただけます。


寄贈 木村善則 様  小笠原 輝雄様